石垣島のdivemanさんより、またまた驚きの写真(友江さん撮影)を登録いただきました!
以下2枚がそうなのですが、


divemanさんの観察によると、これは以前に登録して頂いた下左の「不明種」の婚姻色である事は一目瞭然!


という事でこの3枚は新たに種を設けて、そこに登録し直しました。
体の痛々しい緊縛縄の跡が特徴的なので(笑)、「緊縛縄ヘビ(Enneapterygius sp.10)」とします。
情報交換の際は、この呼び名で統一しましょう。
(呼び方は「縄ヘビ」でもいいよ(笑))

このヘビギンポは外洋に面した潮通しのよい浅場(1-3m)に多いようです。
divemanさんの補足があればお願いします。

しかし、とうとう似たような婚姻色のヘビが増えてきましたね~
こいつなんて顔だけ見ると、口紅のはみ出し具合なんて「お洒落ヘビ」と同じやん!!(笑)

今までは、婚姻色が唯一、種を見分ける手がかりだったのに、今後は婚姻色でさえ似たものが多く苦労しそうですね。。。

ちなみにこの種類、縞ヘビ(Enneapterygius sp.6)と似ていますが、現場で観察するdivemanさんの指摘に従って、別種として扱います。


個別記事へ »